眠気に効果がある?断食の7つのメリット

ファスティングが最近人気らしい。ファスティングというクールな言葉の意味が実は断食だと知っているだろうか、宗教的な意味であった断食だが、近年ヘルスケア目的での断食が流行っているらしい。


断食(ファスティング)とは

断食とは、
①一定の期間、全ての食物あるいは特定の食物の摂取を断つ宗教行為である。
②絶食療法(断食療法)としてヘルスケア目的で食物の摂取を断つ行為である。

本記事では、宗教的な目的ではなくヘルスケア目的の“断食”について扱う。
あなたは断食という言葉を聞くと、痩せるためのダイエットのためにひたすらに我慢をするイメージを持つかもしれない。

しかし、近年のヘルスケア目的の断食であるファスティングは、今までのそれとは目的やもつ意味合いが異なっている。

ファスティングとは、単に食べないことにより摂取するカロリー量を抑え痩せるためのものではない。体内機能の活性化や体調の改善が目的だ。
ファスティングは近年、最近若い女性やビジネスマンの間だけでなく、美容に興味があるモデルやスポーツ選手の中でも実践している人が増えてきているそうだ。

なぜ今、断食が流行っているのだろうか。

断食(ファスティング)のメリット

1.デトックス効果がある

断食にはデトックス効果がある。食事を断つことで、体内から毒素や老廃物が排出され気づかぬうちに体内に蓄積されていたものをデトックス出来る。あなたが気づかないうちにあなたが日々口にするもにには添加物や脂質が含まれており、それらは体内に溜まっている。
この毒素や老廃物が体調の不調をきたす原因になりうるのだ。

2.ダイエット効果がある

長期間のダイエットに苦労する人がファスティングでのダイエットにはまる理由は断食による短期間でのダイエットが可能な点にある。誤解を招かないように伝えておくが、断食といっても、一切飲食をしないというわけではない。ファスティングダイエットの場合は、酵素ドリンクなどで必要な栄養素は摂取しているため、あなたが想像する何も食べない修行のような絶食ダイエットとは違うと抑えておくほうが良いだろう。

3.花粉症・アトピーの改善効果がある

ファスティングによって体質改善がされ花粉症やアトピーが改善されたという声がある。腸内細菌を変えることで、体質が変わりそう。しかし、一次的な効果に過ぎないという声も上がっているため、かかりつけの医師の指示を仰ぐのがよいだろう。
何にせよ、断食をするこることで体質が改善されプラスの方向へ向かう可能性はあるため、試す価値はありそうだ。

4.不眠に効果がある

不眠症に悩む人に断食療法が勧められるという。
科学的にも実際に効果はあるそうだ。私達の胃腸は24時間365日日々忙しく常に稼働しており休む暇もなく、排泄が追いつかず老廃物が溜まっているそうだ。。ファスティングを行うことで、胃腸が日々の働きから開放されいつも以上に疲労を解消すること出来ることにつながると言われているのだ。断食中に脳のエネルギー源であるブドウ糖が使い果たされると、脳のエネルギー源は脂肪を代謝することで作られたケトン体に変わる。この状態の脳はリラックス状態にあり、集中力が高まっているという結果として、睡眠時間がいつもより短くなったと実感する人もいるそうだ。

5.免疫力が上がる

断食をすることで免疫力が向上することは南カリフィルニア大学の研究によって科学的にも証明されている。食事を一定期間行わないことは、細胞を刺激を受け新たな白血球を生み出す効果がある。結果として、病気を遠ざけることが可能になるという。
この研究発表は今まで断食に対して懐疑的だった人たちを説得する材料になったようだ。

参考: https://www.cell.com/cell-stem-cell/fulltext/S1934-5909(14)00151-9

6.美肌効果がある

肌が荒れていることで悩んでいる人にとっては朗報だ。断食には美肌効果があると言われている。肌と腸が深く関係している。“肌は内臓の鏡”ともいわれているほどだ。ファスティングによって胃腸の環境が良くなると、肌の調子も良くなるのだ。

7.集中力が高まる

断食を実践したビジネスマンの多くが絶賛するメリットの一つがこの集中力の向上である。いままで気づかぬうちに胃腸が働いていた私達は胃腸の働きが休まると他の感覚が研ぎ澄まされると言われているのだ。また、食事をしないことによる食後の眠気がなくなることも大きいだろう。研ぎ澄まされた完成はあなたの仕事の質を今よりも上げるかもしれない。

メリットばかりではない断食

メリットばかりに見える断食だが、勿論やってはいけない人やリスクも存在する。

断食(ファスティング)をやってはいけない人

中学生以下の若者

成長期の子供にとって断食は好ましくないだろう。栄養価の高い食事をきちんと取り続ける必要がある。宗教的な事情がない限り、成長期のファスティングは避けたほうがいいだろう。

薬を常飲している人

薬を服用している人には空腹状態では胃に大きいな負担をかけるため、断食は向いていない。かかりつけ医師の許可がある場合は別だが、特別な場合を除いて断食は避けるべきだろう。

妊娠中の人

これから妊娠したい妊活中の人対して断食がおすすめされる場合がある。しかし、一度妊娠してしまえば別だ。妊婦の方はお腹の中の胎児の栄養も補給する必要がある。よほどの理由がない限り、妊娠中の人はファスティングを避けるべきだろう。

体調に心配がある人

体調に不安がある人は自分だけで断食をすることを決めないほうがいい。必ずかかりつけの医師に相談の上、決めて欲しい。断食で改善される可能性のある不安であるとは限らないためだ。
また、断食を実践していると、吐き気や眠気や頭痛に襲われることがある。これは体内の毒素が排出されることで起こる一次的な症状で「好転反応」と言われるものだ。ブドウ糖からケトン体に切り替わる際に起こる症状で、多くの方がここで断食を諦めてしまうそうなのだが、正しい身体の変化のため予め知っておく必要があるだろう。

いかがだろうか

宗教的なイメージが先行してきた断食だが、今や多くの人が実践するものになっているようだ。ビジネスマンや主婦を中心に、断食が流行っている理由はりうかいしていただけただろう。
断食はダイエットのためというよりも体質や生活改善に効果的だと言えるだろう。まさに、身体は内側からきれいにするという言葉がぴったりだ。
しかし、何の準備もなしに断食をするのはおすすめしない。正しい知識と準備のもとではじめて効果を発揮するのだ。

私達はそもそもなぜ3食必要なのかということを疑うことをしない。
古代ギリシャのヒポクラテスはこう言ったそうだ。

「月に一度断食をすれば病気にならない」

もしかしたら、断食はあなたの生活を劇的に変えるかもしれない。