起業家に共通する10の特徴

起業家ときいてどのようなイメージを持つだろうか、Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏やソフトバンクグループの孫正義氏のような世界的な人から学生時代の友人や同じ会社から独立した同僚を思い出すかもしれない。近年、この「起業家」の人気が高まってきている。


若手のIT起業家と大物女優とのスキャンダルが日々ワイドショーを賑わす時代になってきた。昔と比べて起業家の社会的地位が上昇していることは今生きていると実感することが多くなってきただろう。近年では起業家精神を持った人が企業内でも重宝されるという。

起業家とは

そもそも起業家とは言葉の通り「業を起こす者」である。平たく言えば自ら事業を興すことが出来る人のことを指すのだ。英語では「entrepreneurship(アントレプレナー)」と訳す。
一般的なイメージとしてはリスクを果敢に取ることが出来るひと、今まで誰もやったことのなかったことをビジネスを通して成し遂げようとする人などといった「ベンチャー起業家」と結びつけて考えられることが多い。

世界でも求められる起業家精神を持つ人

1.初期コストの低下

起業を志す人が増えたことには社会的背景もある。
まず、インターネットの発達によって所謂ウェブサービスの立ち上げにかかる初期コストが大幅に下がったこと。これは株式会社を設立する初期費用が大幅に下がったことも関係するのだが、一般的に起業をしたいと思った時にあるハードルが一気に下がっていると言われている。2006 年に生まれた「会社法」の存在も大きい。最低資本金制度が廃止されたことにより、今まで株式会社は資本金1000万円、有限会社は300万円が会社設立には必要だったのにもかかわらず、資本金は1円から会社設立ができようになった。政府の日本経済を発達させようという意図のもと作られた法律であったが、確実に日本の起業を促進する役割を担った。そしてインターネットの発達も見逃せない。これまでのリアル店舗でのビジネスやインターネットが存在しなかった時のビジネスには初期費用が大幅にかかることが避けられなかった。しかし、YoutubeやFacebook、メルカリなどの今や私達日本人にとっても当たり前にあるウェブサービスは立ち上げコストが著しく低くなり、PCとプログラミングスキルさえあれば何歳であっても立ち上げることが出来るようになったのである。
勿論インターネットの普及により、誰でも情報を得られることが出来るようになったことは言うまでもない。

2.企業で求められる起業家人材

インターネットやAI(人工知能)の発達は今までのオペレーションを一気に削減した。今までの人間がやってきた単純労働を機械が代替していくのは説明するまでもないだろう。
その流れの中、今までの働く人に求められるスキルやマインドセットも大きく変わりつつある。どの組織に属しているかどうかよりも、その人自身が何が出来るのかが重視されるようになりつつあるのだ。日本全体で人材の流動性が高まったことや必ずしも組織に属する必要がなくなったことから、言われたことをかくじつにやる、一つの企業で最後まで勤め抜くといった今までの日本でよしとされていた価値観から、自ら事業を興す力や自分なりの方法で考えぬく・やりきるスキルを持った人の方をよしする価値観に変わりつつあるのだ。アメリカでは顕著に現れていて、優秀な大学を出た人は自ら起業をするものだという価値観が普通になりつつあるそう。日本でも実際に東京大学の学生が企業をして成功をするという前例が生まれている。起業家精神を持った人材の相対的な価値が日々上がりつつあるのだ。

起業家精神を持つ人の10つの特徴

1.責任感がある

何事も新しいことを始めるときには失敗やトラブルはつきものだ。起業家精神とはそういったトラブルも含めて最後まで自分が責任を持って取り組むことが出来る心を持つ。
どのような自体が起きたとしても自分の責任の範囲だと言える潔さが起業家精神を構成する一つの要素と言えるだろう。

2.好奇心が旺盛である

新しいことを始めよう、未知なる世界に飛び立とうとする起業家にとって好奇心は欠かせないものだ。好奇心が旺盛であるから、今まで誰も気づかなかったような真実にアクセスしようとし誰も到達しなかったところへ到達できるようになるという。

3.リスクヘッジが出来る

起業家という言葉を聞いた時に闇雲に前に進み続けるという言葉をイメージする人がいるかも知れない。それは半分正解で半分間違いだ。彼らは地震は今までの組織を抜けていることから、周りからは危ない道を渡ると思われているが一番リスクを取っていないとすら考えている。この時代において、リスクを取らないことが最大のリスクだと口を揃えて彼らは言うのだ。そして、自ら業を起こしていく中で最低限のセーフティネットを張っているのも彼らの特徴だ。もし間違えても死なない、死ぬこと以外かすり傷といった言葉はまさに彼らのための言葉となりつつあるのだ。

4.粘り強い

粘り強さがアントレプレナーシップには必要。自分で業を興すということは思い通りにならないことがほとんどといっても過言ではないだろう。諦めるための理由はたくさんある中で諦めず粘り強く事業を興すことに取り組んでいくことが出来る能力も起業家の特徴と言える。

5.自分で考えて行動できる

いわずもがな、起業家精神を持った人は誰かの指示に従って実行する人ではない。自分自身で考えて自分自身が信じる方へ行動できるのが起業家精神を持つ人の特徴なのだ。彼らは失敗を成功にかえるためにPDCA(Plan Do Check Action)を繰り返すことができる。

6.競争心がある

限られた市場の中で、競合するプレイヤーと戦っていくことが起業家には求められる。勿論、競争心が高い人も低い人もいるのだが、一般的な人と比べて他者と競争して勝っていきたいという思いを持っている人は多い。競争して勝ち抜いていく、そうして世界をもっと変えられると夢見て実行に移していく人が起業家精神を持っていると言えるのかもしれない。

7.創造意欲がある

新しいものを、今まで世の中にないものを創り出す意欲があることも起業家の特徴。これまでのあたりまえを疑って、これまで価値提供されていなかった真実を突き止めてそこに新たな価値を想像していく。このような姿勢が起業家を起業語らしめているといっても過言ではないだろう。

8.情熱を持っている

パッションを持つ、うちに秘めているタイプや外に溢れ出すようなタイプ様々な起業家がいるが、彼らは誰しも情熱を持っている。情熱こそが彼ら自身をを突き動かす燃料となっているのだ。情熱に周りの仲間は惹かれ、次第に仲間が集っていく。

9.自己管理能力がある

自分自身を律する力も起業家には求められる。最後のピンチを守るのは自分だけだという意識のもと、誰よりも自分に対して厳しくたかい自己管理能力が求められるのだ。この自己管理能力は従業員やクライアントからの信頼を勝ち取っている理由にもなる。常に最高のパフォーマンスを発揮するためにも彼らは彼ら自身の管理が最重要命題であることに気づいているのだ。

10.自分自身を信じている

起業家たるものは自分自身を信じているものだ。どんな逆境にたったとしても、不安な気持ちに押し潰されそうになったとしても彼らは最後に自分を信じ、そして結果として仲間を信じることで乗り越えることが出来る。自分を信じること、最後の最後は自分がやるという覚悟を持っていることが彼らの特徴の最たるものだ。

起業家精神はどのように身につけるのか

1.起業家と会う

起業家精神を身につけるためには、起業家と会うことは一つの手段としておすすめだ。会社の中でも経営者に会う時間を増やすことや実際に交流会やアクセラレータープログラム、ベンチャー企業の採用イベントなどに参加するなどして、彼ら自身の思考に触れることは起業家精神を身につけるためには重要だろう。もしかしたら、自分と彼らとの間にあまり差がない事に気づいてあなたの一歩を踏み出す理由になるかもしれないし、彼らからあふれる情熱があなたを突き動かすかもしれない。

2.読書をする

起業家精神を養うために、実際に起業に関する本を読むことも一つの手段だ。インターネットの発達によって多くの情報に触れられるようになってきているが、読書により得られる情報量はやはり貴重。まずは先輩起業家の書いた経験談や起業のバイブルと呼ばれる本に目を通すことで、リアルにイメージすることが出来あなたに起業家精神を身につけるきっかけを与えるだろう。

以下のような書籍がおすすめだ。

起業の科学 スタートアップサイエンス/田所雅之

起業の科学 スタートアップサイエンス/田所雅之
起業の科学 スタートアップサイエンス/田所雅之

起業のバイブルと呼ばれる「起業の科学」。スタートアップとベンチャーの違いはなにか、資金調達はどうするのか、どうやって初期のメンバーを集めるのかまで詳細に説明してくれる良書。株式で資金調達をする際にはこの本を読んでいないと資金調達が出来ないといわれる三種の神器のうちの一つである。

//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1923561&p_id=54&pc_id=54&pl_id=616&url=https://item.rakuten.co.jp/booxstore/bk-4822259757/

起業のファイナンス増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと

起業のファイナンス増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと
起業のファイナンス増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと
こちらも三種の神器のうちの一つと呼ばれる起業のファイナンス。「資金調達とは何か」がこの本を読めばすべてわかる様になっていると言っても過言ではない。この本が多くの起業家にとってバイブルとなっていることは一度読んでもらえれば分かるだろう。詳細にそして明瞭に書かれているのだ。
//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1923562&p_id=56&pc_id=56&pl_id=637&url=https://books.rakuten.co.jp/rb/13011882/

リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす
リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす
リーン・スタートアップも三種の神器のうちの一つ。無駄のないプロセスで事業を生み出すことが初期コストの低い特にインターネットビジネスで求められると言われており、その考え方を示した本である。

//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1923562&p_id=56&pc_id=56&pl_id=637&url=https://books.rakuten.co.jp/rb/11613723/

3.実際に起業する

習うより慣れろである。起業家精神を身に着けたければ実際に起業をしてみるのも一つの手だ。何も大金を銀行から借りなさいとかベンチャーキャピタルから資金調達をしなさいと言っているのではない。まずは小さく、自分が出来ることからビジネスモデルを立ち上げてみる。ビジネスの基本は安く仕入れて高く売る、何か小さなことから初めて見るのも一つではないだろうか。

まとめ

起業家精神を持った人を企業が求める理由も理解してもらえただろうか。もちろん、上に挙げた10の特徴をすべての起業家が持っているわけではない。中には当てはまらない起業家もいるだろう。しかし、実際にこのような特徴見てみると、起業家精神を持った彼らが今後も市場価値が高まっていくことは当然のようにも思える。
実際に大手広告代理店でAbemaTVなどを運営する「CyberAgent」では新卒で子会社の社長に任命したり、人材大手でバイトルを運営する「ディップ」などでは学生企業のアクセラレータプログラムなどが行われたりもしている。出資はもちろん、そのような起業家を志す若者を採用することも一つの目的として新卒採用の市場では行われているのだ。
今からでも遅くない。
これから求められるアントレプレナーシップをもった人材になるためにも出来ることから始めてみてはどうだろうか。
まずは一歩を踏み出すことから全ては始まる。どんな偉大な起業家もまずは初めの小さな一歩から始まったのだ。

起業家(幻冬舎文庫))/藤田晋

起業家 (幻冬舎文庫)/藤田晋
起業家(幻冬舎文庫))/藤田晋
サイバーエージェントの代表取締役である藤田晋さんによる著書。自身の起業を興す前から後までが詳細に描かれている。この本を読んで起業を志した若者も少なくなく、あなたの心を震わせる一作になるはずだ。

//af.moshimo.com/af/c/click?a_id=1923562&p_id=56&pc_id=56&pl_id=637&url=https://books.rakuten.co.jp/rb/13318092/