あなたは何世代?多すぎて分からない世代の呼び方と特徴を解説

あなたは何世代だろうか。生まれた年代によって過ごす時代が変わり、消費動向や価値観までもが変わると言われている。しかし、名前が多すぎて分からない各世代の名前と特徴を解説する。


同じ時代に生まれた人たちのことをグルーピングするために用いられる◯◯世代という言葉をご存知だろうか。日本だけでも10種類以上存在するが、厳密にその違いを分かっている人は少ない。そこで、それぞれの世代の特徴について改めて整理したい。

大正世代(1912-1926)

大正元年(1912年)から大正15年(1926年)までに世代を指す言葉である。大日本帝国最後の正規の軍人世代とも呼ばれ、大正時代から戦前期にかけて学生時代を過ごしている。他人に迷惑をかけることを嫌い、もったいないという質素倹約な志向の持ち主が多いと言われている。

昭和一桁世代(1926-1934)

昭和元年から昭和9年までに生まれた世代のことを指す。第二次世界大戦の真っ只中をが学生として過ごしている。戦争が終わると、金の卵など若い労働力として重宝され戦後の日本の復興の担い手となった。

焼け跡世代(1935-1939)

幼い頃に太平洋戦争を経験、その後の混乱した日本を生き抜いた経験がある世代です。中には青空教室や闇市を経験した人たちもいる。大日本帝国憲法が廃止され、日本国憲法が施行されるという大きな変化の中にいたと言われており、モラルの高さやルールを遵守する姿勢を持つ世代であり、当たり前が当たり前でなくなった経験などから懐疑的なものの見方をする世代である。

団塊の世代・プレ団塊の世代(1947-1949)

団塊の世代はとは堺屋太一氏が1976年に発表した「団塊の世代」という小説で生まれた言葉である。日本においては第一次ベビーブームが起きた時期に生まれた世代を指すため、この差台は別名第一次ベビーブーム世代とも呼ばれる。高度成長期とバブルを楽しんだ人が多く、勝ち逃げの世代とも呼ばれている。
団塊の世代の人達は週休二日制度もなく土曜日も勤務をしており、仕事に対しての重要度は高まっていた。過労死などが増え始めたのもこの世代である。マイホーム主義や亭主淡白、年功序列など今の若者にとっては古い考え方を持っているため、若い世代からは嫌がられることもある。しかし、戦後の日本の経済を盛り上げた立役者たちである。

しらけ世代・ポスト団塊の世代(1950-1964)

団塊の世代と比較されるのがこのしらけ世代である。団塊世代とは対照的の激しさはないと言われており、目立ちたがらない、何を考えているのかがわからない、おとなしいと言われてるのがしらけ世代の特徴である。
学生運動などを行っていた団塊以前の世代とは大きく変わり、この世代は政治への関心度は低くなったと言われている。仕事への価値観も同様に、パワフルな団塊の世代が出世の妨げになることがあったが、しらけ世代・ポスト団塊の世代は控えめにサポートに回ることが多い世代だという。
消費のスタイルは学生時代にテニスやスキー、ファッションが流行した時代で自分なりのやり方で自分を表現することを模索した時代友いわれているのだ。

バブル世代(1965-1970)

高度経済成長期に生まれ、日本がバブル景気を迎えた時に新入社員になったのがバブル世代だ。ジュリアナ東京で若い女性が踊っている映像を見たことがある人も少なくないはずだ。まさに日本全体が上り調子で、企業の業績は右肩上がりで地価は驚くべきスピードで高くなっていった。バブル世代の若者たちは日本の好景気からお金に困らなかったため、価値のあると感じたものにはお金を惜しまないという価値観を持っている人たちが多いと言われている。エネルギッシュなこの世代の人たちは、女性の社会的地位が上昇した時代でもあり女性のために男性が様々な策を講じた。
コミュニケーション能力が高い、ポジティブ、エネルギッシュ、肉食系などの言葉で形容されるバブル世代は一方でプライドが高く、お金の使い方が派手と言われることも多い。

氷河期世代・ロストジェネレーション世代(1970-1982)

バブル経済が崩壊した後に就職活動を経験した時代のことを就職氷河期時代を略して氷河期世代と呼ぶ。また、景気後退によって他の世代と比べて雇用・教育・福祉での負担が強いられたことから格差問題が注目されたことから「失われた世代」、「格差世代」、「さまよる世代」、「ロスト・ジェネレーション」とも呼ばれるのだ。現在でも社会の問題となっているフリーターや派遣社員といった非正規雇用の数はこの時代に生まれたとも言われている。
時代が一気に不景気に向かったことから、消費動向としては慎重な傾向にある。将来に対して漠然とした不安をかけているなどマイナスの面が取り上げられがちだが、社会的に厳しい環境下でも前向きに取り組み活躍できているのがいるのもこの世代だ。

プレッシャー世代(1982-1987)

1982~1987年生まれの世代を指す。就職氷河期の世代を目の当たりにし社会に対しての不安を抱えながらも、日本においては経済・災害・テクノロジーの様々な点において社会が変革に向かっていったのがこの世代である。社会自体がリストラなどの増加で経済的な不安が高まったり、オウム真理教による地下鉄サリン事件や阪神淡路大震災、9.11のアメリカ同時多発テロなどが次々に起こり、価値観の変容を迫られた。バブル世代から氷河期世代を超え、世の中全体が現実的な考え方をする世代だと言われており、現状満足や打たれ強さがある言われる。厳しい社会環境の中で、現状でいかに満足出来るかという思考に傾いたのは自然かもしれない。

ゆとり世代・さとり世代(1987-2004)

教育改革がおこったため「ゆとり教育」を受けてきた世代である。従来の詰め込み方の教育から、義務教育の教育指導要領を削除し、完全週休2日に変わった世代である。個性を重視する教育を受けたため、今までの指標で言う学力は低下し、競争力は低下したと言われており、ネガティブなイメージが先行しがちなのもこの世代の特徴である。
仕事とプライベートのバランスを優先したいなど今までの価値観ではゆっくりとしている、のんびりとしていると捉えられ、従来の価値観にはそぐわなくなったため職場などで避難されてしまうことも多い。「指示待ち人間」や「ストレス耐性がない」、「仕事終わりの付き合いが悪い」と言われたりするが、お金や地位に対しての欲が弱く社会に対する意義を重視する世代なのだ。
ゆとり世代は別名さとり世代とも言われ、生きることに対するスタンスから上の世代から見ると悟りを開いたように欲がない世代ということでさとり世代といわれるそうだ。例えば、
この世代の人達は車や家に対しての物欲がなく、恋愛に対しても消極的だと言われているのだ。

ミレニアル世代(1996-2005)

情報集中の方法がGoogleなどの検索エンジンよりもSNSが中心になっていることからインフルエンサーもこの世代を中心に流行しているのだ。お金よりも信用を重視する世代やリアルタイムに自分の状況を共有したいなどSNSが流行ったことにより価値観も大きく変更しており、これまでの世代の人には理解されにくい世代になっている。「物(モノ)消費」よりも「体験(コト)消費」、LGBTやグローバル化などといったダイバーシティを受け入れる、コストパフォーマンスを強く意識するようになっているのもこのミレニアル世代の特徴である。ゆとり世代・さとり世代と同様にソーシャルグッドを重視するのも一つの特徴だろう。

ジェネレーションZ世代(2000-2010)

生まれた頃からインターネットが身近にあり別名デジタル・ネイティブ世代とも呼ばれている。A.Tカーニーの調査では世界的には今後の消費を担う世代呼ばれるジェネレーションZ世代。完璧を求めない世代であり、周りと違うことを求める世代である。野心的で成功に対して貪欲であるとも言われており、起業家精神が強いひとやYoutubeやInstagramで個人として挑戦する思考が強く、比較的挑戦にためらいがないとも言われている。

ジェネレーションα世代(2010-)

ジェネレーションX,Y,Zの次に来ている世代としてジェネレーションαと呼ばれる。スマートフォンが物心ついたときには世の中のメジャーとなっており、これまでの世代とは異なる消費行動を取ると予測されている。

まとめ

年代    名前
1912-1926 大正世代
1926-1934 昭和世代
1935-1939 焼け跡世代
1947-1949 団塊の世代
1950-1964 しらけ世代・ポスト段階の世代
1965-1970 バブル世代
1970-1982 氷河期世代・ロストジェネレーション世代
1982-1987 プレッシャー世代
1987-2004 ゆとり世代
1987-    さとり世代
1996-2005 ミレニアル世代
2000-2010 ジェネレーションZ世代
2010-   ジェネレーションα世代

あなたは何世代だっただろうか。勿論人によって当てはまる人もいれば当てはまらない人もいる曖昧な境界線によって線引されているものだ。
あくまでその人はその人と理解しながら、上手に活かしたいものだ。