マインドフルネス瞑想にオススメな音楽とは?音楽との関係について解説

音楽の効果は科学的に証明されています。特にモーツァルトに代表されるクラシック音楽についてはイライラした心を癒やす効果が見込まれています。この音楽の力は医療にも取り入れられており、手術中にクラシック音楽を流すことで患者さんの不安が緩和されることが証明されたりもしているようです。


マインドフルネス瞑想にハマりすぎて、早朝にお寺に行くようになりました。
おかげで最近心が穏やかになった?と同僚から言われます。

いきなりですが皆さん!
毎日、瞑想やっていますか?
マインドフルネス瞑想を実践するには音楽が無いと難しいという人は多いのではないのでしょうか?

でも、実際にYoutubeで瞑想用の音楽を調べてもどの音楽が瞑想の効果を高めのか分からない、実際に効果が高い音楽ってどういうものなの?と、困っている読者の方は多いのでは無いでしょうか?

そこで、今回は自宅で気軽に取り入れれるマインドフルネス瞑想におすすめな音楽の種類を瞑想と音楽との関係について説明しながらご紹介したいと思います。

瞑想と音楽の関係

皆さんも聞いたことがあるかも知れませんが、音楽の効果は科学的に証明されています。特にモーツァルトに代表されるクラシック音楽についてはイライラした心を癒やす効果が見込まれています。この音楽の力は医療にも取り入れられており、手術中にクラシック音楽を流すことで患者さんの不安が緩和されることが証明されたりもしているようです。

この研究結果を聞いたことがなくても、皆さんは緊張したときや悲しい時、頑張りたいと思った時に自然と音楽を聞いたりすると思います。SpotifyやYoutubeのおかげで、音楽は以前よりもぐっと私達の身近なものになっていますね。

古くから音楽は人類にとって重要なものでした。音楽は私達人間の進化とは切り離して考えられないと思います。

それでは、瞑想と音楽はどのような関係があるのでしょうか?

なんとなくいい影響はありそうだけれど、実際にどんなメリットがあるのかは分からない。そういう読者の方に、今回は音楽が瞑想にもたらすメリットをお伝えしたいと思います!

音楽が瞑想にもたらす影響

瞑想に音楽はどのような影響を与えるのでしょうか、2つの主要なメリットについてご紹介したいと思います。

1.より集中出来る環境を作ることが出来る

瞑想を実践するには、集中して取り組むことが出来る環境が必要不可欠です。
音楽の種類にもよりますが、集中した環境を作ることを手伝う音楽はあなたの瞑想をより豊かなものにすると思います。特に、マインドフルネス瞑想実践者の中で人気なのが、雨の音や水の音といった自然音です。やっぱり自然の音は落ち着きますよね。
 より心を落ち着かせ、都会の騒がしい騒音から離れた環境が欲しければ音楽を利用するのがオススメです。

2. 感情に合わせて変えることができる

音楽のいいところは、瞑想を実践する際の気持ちに合わせて音楽を変えることが出来ます。自分の感情に合わせて、処方箋のように環境を意図的に変更できるのが音楽の素晴らしい点です。
自分の感情や気分にマッチした音楽を選びましょう。

3.心をリラックスさせることが出来る

瞑想を実践する際には心がリラックスしている状態であることがとても大切です。リラックスした心理状態を作り出すために、音楽を利用しましょう。音楽を聞くこととで、快感ホルモンと呼ばれるドーパミンや幸せホルモンと言われるセロトニンなどの身体をリラックスさせる神経伝達物質が脳に分泌されることが研究結果によって明らかになっています。中でもクラシック音楽やヒーリング系の音楽は心をリラックスさせる効果が高いようです。

音楽の科学的な効果

 リラックス効果について語る際に無視できないのは、α波と呼ばれる脳波の一種です。α波は、心身ともにリラックス状態の時に出る脳波だと言われています。ドイツの神経学者であるハンス・ベルガー(Hans Berger )によって命名されました。リラックスしている時には、私達の脳からはα波が出ているということなんですね。ストレスを抑制する効果もあるそうです。瞑想状態であるときにはα波がかなり多く分泌されていると言われています。

つまり、このα波をコントロールすることが出来れば、自分のリラックス状態を意図的に創ることが出来るということです。
そこで、α波の分泌を手伝うのが音楽だと言われています。
身体や心をリラックス状態にするために重要な方法の一つとして音楽を聴くことが上げられるのです。癒しの高い音楽はそれだけα波が出やすい音楽であるということが言えます。音楽がα波の分泌によって、自律神経を整え感情を落ち着かせる効果があるのです。

認知科学の研究では、音楽がストレスホルモンであるコルチゾールをレベルを劇的に下げる効果があると証明されています。結果として、最大65%も減少させることが出来ると言われているのです。つまり、音楽は心拍数を下げる効果があることが証明されたのです。音楽の力ってすごいですね

瞑想にオススメな音楽とは

それでは、瞑想にオススメな音楽はどのようなものなのでしょうか?
1つ目はずばり「クラシック音楽」です。
クラシックの効果は研究結果として証明されています。クラシックに限らず、音楽にはリラックス効果がありα波の分泌を手伝う効果があるのですが、クラシック音楽は高周波音をつかうことでより精神を落ち着かせる効果が高いと考えられています。

クラシック音楽は脳を刺激し、セロトニンやドーパミンといった自律神経のバランスを整えるための神経伝達物質の分泌を促します。

その中でも、モーツァルトの音楽はリラックス効果が高いと言われています。
瞑想で音楽を探している方は、Amazonで気軽に視聴できるのでモーツァルトの音楽を聴いてみて下さい。

癒しのモーツァルト~自律神経を整える4000Hz Universal Music LLC 

2つ目は、「自然の音」です。
自然の音といっても、山の中や川に行って瞑想をしたほうがいいと言うことではありません。今はヒーリングミュージックと調べるとYoutubeやアプリを用いて自然の音は聞くことが出来ます。
自然の音を聴くとリラックス出来る気持ちはきっと皆さん分かるのではないでしょうか?

自然の音のリラックス効果が高いことをも科学的に証明されています。
中でも川のせせらぎや小鳥のさえずりは、リラックス効果が高く脳のα波の分泌を手伝うと考えられています。

いかがでしたか?

音楽のリラックス効果は瞑想に効果がありそうですね。
環境を整えるという意味でも、自分の心をリラックスさせることが出来るという意味でも瞑想と音楽は切っても切り離せない関係です。

意図的にリラックス効果のある音楽を上手に使うことで、より効果の高い瞑想が実践できます。私も今はアプリを使って瞑想を実践しているのですが、たまには音楽をつかって瞑想してみようと思いました。
大事なのは、どうしたらよりマインドフルネスな状態になることが出来るかどうかです。
この記事を通して、読書の皆さんの瞑想がより豊かなものになることを願っています!
それではレッツマインドフルネス!