半日断食とは?そのやり方と効果

皆さんは「半日断食」というものを知っているだろうか。通常の断食とは違い、体に負担が少なく、
誰にでも取り組みやすい断食の事だ。通常の断食は長時間空腹に耐えなければならず、精神的にも肉体的にもキツイ。いきなり断食を本格的にやってしまうのはあまりオススメできない。
そこで実践してもらいたいのが、この半日断食。ハードルが低いため、すぐに実行できる断食法だ。
この記事では半日断食とそのやり方、効果について紹介していく。注意点もあるのでよく読んで実践してみよう。


半日断食とは

それではまず、半日断食がどのようなものかをご説明しよう。一般的に言われる断食とは何日かの間食事を取らず、飲み物(水や、最低限の栄養素が含まれた酵素ドリンクなど)だけで過ごすというもの。固形物を摂取しないことで体をリセットし、健康に近づくのが目的だ。
その期間を短くしたものが半日断食。食事を摂取してから次の食事までの間、16時間を目安に食事を取らない時間を作る。通常の断食より空腹でいる時間が短く、断食を経験したことの無い人にとっても実行しやすいのが特徴だ。

半日断食のやり方について

食事について

半日断食の目的は、体を健康的な状態に持っていくこと。そのため食事を選ぶ際にも注意が必要だ。消化しやすい食事をこころがけるようにしよう。洋食より和食の方が塩分や脂質も低く体に負担もかからないので、おかゆや玄米などを食卓に積極的に取り入れていく良いだろう。
また、食事の際もゆっくりよく噛んで食べること。咀嚼回数を増やすことで満腹中枢が刺激され、食欲が抑えられる。上手に食欲をコントロールし、半日断食を成功させよう。

食事を取らない時間

食事を取らない時間は、16時間前後を目安にしよう。夕食を食べてから次の日の朝食を抜いて昼食から取るサイクルが理想的だ。そのサイクルだと16時間という長い間でも睡眠を挟むので、空腹に耐える時間は短く感じる。朝食を抜くことにはなるが、1日3食という日本人の食生活は糖質や塩分を取りすぎる傾向にあり、必ずしも健康的とは言えない。かえって朝食を取ることで糖質過多となり、体脂肪の増加にも繋がっていることもある。
実は1日3食が体に良いという医学的根拠は少ないのだ。体に良いものをバランス良く取れば2食でも問題ない。

好転反応とは

半日断食を数日続けた時に、人によっては頭痛や吐き気を感じる場合もある。断食中にこの症状が発生したら、それは好転反応かもしれない。好転反応とは体の毒素が排出されている証拠として出る反応なので安心して欲しい。食事によって摂取するエネルギーが得られないので、血糖値が下がってこのような反応が出るのだ。一時的なものなので様子を見よう。しかし、あまりにも回復しないなどの場合はすぐに中断するように。

水分補給は忘れずに

半日断食中であっても水分はかかさないように意識しよう。空腹を紛らわせるためにも水分は多めに取ることをオススメする。また、水分だけでなく塩分も人間にとっては必需なので、経口補水液があればより安全に行うことができる。注意したいのは野菜ジュースやコーヒーを飲むこと。
市販の野菜ジュースなどにはたくさんの糖質が入っているし、コーヒーのカフェインは体に負担がかかってしまう。半日断食の目的は体を休ませることなので、飲み物を選ぶ際にも注意を怠らないように。

半日断食で得られる効果

ダイエット効果

半日断食をするメリットの1つとして、ダイエット効果がある。1日の食事量を減らすことになるので摂取するエネルギーが制限される。その結果、体に蓄えられた体脂肪をエネルギーとして変換し、燃焼することになるため体脂肪を減少させることに繋がる。
さらに、1食減らしているので食べる量も自然と減ってくるという効果もある。少量でも満腹になるようになってきたら、食事のコントロールもしやすい。半日断食を継続すれば結果的にダイエットになるのである。

腸内環境の改善

胃腸の調子が悪かったり、便秘がちな人は胃腸が働きすぎて疲弊してしまっている可能性が高い。1日3食を毎日食べていると胃腸は働き続け休まることがない。消化に良いものであればまだ良いが、現代生活において塩分や糖分を取りすぎてしまう。一食分スキップすることで胃腸が休まる時間ができるので、消化機能や吸収力を回復させることができる。

肌が綺麗になる

体の老廃物のほとんどは便や尿で体外に排出される。胃腸の調子が悪い人や、便秘ぎみの人の肌が荒れやすい原因は、老廃物が上手に排出できないから。老廃物をため込んだままだと体に毒素が溜まりやすくなり肌荒れの原因となるのだ。
半日断食をすると腸の中にある老廃物が排出しやすくなるため、結果として肌が綺麗になる。ニキビや肌荒れを慢性的に繰り返しているという人は半日断食を試してみて欲しい。

睡眠の質が向上する

食事を減らしているので体にかかる負担が少ない分、睡眠の質が向上する。人間は寝ている間にも消化活動を行っており、胃に固形物が残っていると消化するのにエネルギーを消費する。
半日断食をすると1日の食事量が減るので、消化にかかるエネルギーも少なく済み負担が軽減する。つまり、毎日の睡眠の質が向上するのだ。人生の3分の1は睡眠に費やすと言われているので、あなたの人生もより豊かになるだろう。寝ても疲れが取れない場合は、半日断食で改善される可能性がある。

半日断食をする上での注意点

激しい運動

半日断食を行っている間はいつもより摂取カロリーを控えているためエネルギーが制限される。
その状態で有酸素運動など激しい運動をすると疲労がたまりやすくなり、回復にも時間がかかってしまう。半日断食中は激しい有酸素運動などは避けるようにして、ストレッチやヨガなどのリラックス効果がある運動をするように心がけよう。

飲酒

できれば半日断食中はお酒も我慢したいところ。半日断食で内臓を休ませているというのに、お酒を飲んでしまうとアルコール分解に肝臓が働いてしまい、体に負担をかけることになる。
また、お酒の種類によっては糖分も摂取することにも繋がる。ダイエット効果も薄れてしまうのだ。
半日断食をしている間はお酒を見えない場所に隠すなど、飲まない工夫をしよう。

健康状態に問題がある人

あくまで半日断食とは健康で体力がある状態の人が行うものだ。持病がある、妊娠している、風邪をひいているなどの人は、健康を取り戻してから半日断食を行うようにしよう。断食中は貧血にもなりやすい状態となるため、貧血でふらつきやすい体質の人は要注意だ。
加えて生理中の女性も半日断食はNG。極端な断食を続けると生理が止まってしまうなどの生理不順にも陥ってしまうので、半日断食をするときは自分の体と相談しよう。

断食後の食事について

半日断食をしたあとの最初の食事は、胃腸に優しいものを選ぶように心がけよう。半日断食を終えたからと言ってすぐになんでも好きなものを食べていいというわけではないのだ。
断食後にオススメな食べ物は、納豆や豆腐など大豆製品や、薄味の野菜スープなどが良い。胃に負担をかけることなく消化することができる。逆に肉や魚など動物性たんぱく質を摂取してしまうと胃酸の分泌が活発となり、空っぽの胃に負担をかけることになってしまう。胃に負担をかけない食事を取りながら、徐々にもとの食生活に戻していこう。

まとめ

この記事では半日断食についてやり方や得られるメリットなどについて紹介してきた。
通常の断食とは違い、比較的簡単に行うことができる断食であることはご理解頂けたかと思う。しかし、人間にとって食事を断つというのは諸刃の剣だ。過度な断食は健康を損なうリスクも伴うことを知っておこう。
上手に半日断食を行うことできるようになれば、自分の体をより健康な状態に維持できる。正しい知識と一緒に実践して欲しい。