子育てと仕事で忙しいと感じるあなたがすべき7つのこと

忙しいことが当たり前になっていないだろうか。人は慢性的にストレスを受け続けると、感覚が麻痺してしまい結果として疲弊しきってしまう。もしあなたが心のアラートを感じているのなら今ストレス対策をすべきなのだ。


仕事や子育てで自分の時間が確保できてない・・・
毎日が忙しい
そんなストレス
本記事では、毎日が忙しいと感じるあなたにヒントお伝えすることで、明日からのストレスが軽くなれば幸いです。

忙しすぎると感じる人がすべきこと

  1. 睡眠時間を長めに確保するようにする
  2. 運動の習慣を取り入れる
  3. マインドフルネス瞑想をする
  4. なぜ今この仕事をやるのかを考える
  1. 睡眠時間を長めに確保するようにする

あなたが少しでも忙しいという風に感じられているなら今のうちに睡眠時間を意図的に長く確保するようにしよう。

睡眠とあなたのzxvg心身の健康が深く関係していることは言うまでもないが、「忙しい」と感じられているうちはまだ対応する余地がある。意図的に心身の休息のための時間を設け、あなたのストレスに対する感覚が麻痺しないようにしたほうがいい。麻痺してしまうと身体が異常を訴えないとあなたの心が気づくことが出来なくなってしまうからだ。勿論、大切なのは時間だけではない。睡眠の質に気を使うことも重要であろう、しかし重要なのはあなたが睡眠の大切さに意識を傾けることだ。時間を長くしようと考えたとき初めてあなたは注意を睡眠に傾けるようになる。 参考: 「ストレス社会に生きるあなたは睡眠に気を使ったほうがいい」|saluce https://saluce.jp/articles/48
少しの運動の習慣はストレスを軽減する効果がある。時間がない忙しいビジネスマンにとってジムに通ってワークアウトをするのは難易度が高いと感じるかもしれないが、アメリカのホワイトカラー達がこぞってワークアウトをするのにはそれだけの時間をかける合理性があるからだ。適度な運動はあなたの睡眠の質を向上させるだけでなく、血流の促進、心身ともの健康につながる。忙しいと感じているあなたこそ、ワークアウトの習慣を取り入れてほしい。 参考:「筋トレでストレスは解消できる」 |saluce https://saluce.jp/articles/59 「朝にジムにいくという習慣がいいらしい」|saluce https://saluce.jp/articles/96

sports

4.意図的に仕事から離れる時間をつくる

あなたがもし忙しくストレスを感じているということを自覚しているのであれば意図的に仕事から離れる時間を作ることも非常に効果的なストレス解消方法だ。忙しいと感じているときあなたのマインドシェアは仕事に取られてしまっている、そのシェアを意図的に変えようとすることはあなたのストレスレベルを低下させるのにつながるのだ。 忙しい時に仕事から離れるという行為は一見難しいことに感じるだろう。しかし、離れることで残りの生産性が向上し、中長期でみたときのアウトプットの高さが高くなることを知っていれば問題ないのだ。

relax

5.マインドフルネス瞑想をする

マインドフルネス瞑想はストレスマネジメントに効果的。自律神経をコントロールするために非常に最適な手段なのだ。1分からでも実践できるマインドフルネス瞑想を実践する習慣を持つことで、あなた自身をリアルタイムに認識し客観視することができるようになるのだ。歩行瞑想のような方法でもよいだろう。マインドフルネスな状態になることができればいいのだ。

6.なぜ今この仕事をやるのかを考える

なぜ今あなたがその仕事に取り組むべきかを考えることをオススメする。あなたはなぜ今取り組むべきなのかというwhyの部分を腹落ちすることが出来るか出来ないかによって生産性が大きく影響するからだ。どうして忙しいと感じてまで仕事に取り組むべきなのか、本当に重要なのかという問いに対してあなたなりの解を持つことが出来なければ無理をしてその仕事に取り組む必要はない。慢性的な忙しさはあなたの心身をすり減らすものであり、リスクとリターンを正しく把握することはあなたの人生にとって大切なのだ。

7.出来ないと言えるようになる

上司や同僚からの依頼に対して「出来ない」と言えるだろうか。責任感の強すぎるあなたはもしかしたら言うことが出来ずYesマンになってしまっているかもしれない。「Noということは失礼なことであり、相手を失望させてしまうことである。だから依頼は全て引き受けなければならない」そう考えているのであれば今すぐ考え直したほうがいい。 キャパシティで担いきれないことに関して「出来ない」ということはあなたの心身の健康にとってもあなたの企業にとっても「良い」ことなのだ。あなたが無理をしすぎないと出来ないタスクを引き受け疲弊し切ることはあなたの幸せではない。勿論、それはあなたを雇用する法人にとっても不幸せだ。Noとおいうのは簡単ではないのは勿論理解できる。しかし、最終的にどちらの選択肢があなたにとっても企業にとっても幸せなのか、その判断基準をもって考えてみてほしい。「出来ない」と言うほうがあなたの健康にとってだけでなく、相手にとって親切なのだ。

いかがだろうか

「忙しい」ことや「ストレスを感じている」ことは今の日本社会にとってあまりにも当たり前になりすぎている。国全体が当たり前になってしまっているため、麻痺してしまっているのだ。 一番大切なのはあなたが幸せに生きることではないだろうか。もしかしたらあなたにとっての幸せは企業が幸せになることと答えるかもしれない。それはそれで構わない。そのマインドをもったあなたが心身共に健康に働き続けられることが結果的に企業にとっての幸せにつながるからだ。 無理をしすぎることを美徳としてはいけない。あなたしか自分の心のアラートに気づくことは出来ないのだ。 参考: 「ストレス耐性を高めることは可能なのか」|saluce https://saluce.jp/articles/36