シニアが自宅でサウナを楽しむ方法とは?自宅サウナのハードルがそんなに高くない理由とは

自宅でサウナなど、現実的な話に聞こえないかもしれないが、実はちょっとした工夫でサウナ気分を味わえる商品が発売されたり、本格的なサウナを低価格で提供するメーカーも存在することから、自宅サウナと言うのは思ったほどハードルは高くない。人気の高まるサウナを自宅で楽しむ方法を紹介していく。


近年、サウナブームが高まっている。saluce読者の中にも、サウナを愛好する人が多いのではないだろうか。しかしサウナを利用するには、入浴施設やサウナ施設にわざわざ行かねばならず、手間も費用もかかることから、なかなか頻繁に利用するのは難しいかもしれない。自宅で何も気にせず、気軽にサウナに入れたら、どんなに良いだろうか。

自宅でサウナなど、現実的な話に聞こえないかもしれないが、実はちょっとした工夫でサウナ気分を味わえる商品が発売されたり、本格的なサウナを低価格で提供するメーカーも存在することから、自宅サウナというのは思ったほどハードルは高くない。今回は、人気の高まるサウナを自宅で楽しむ方法を紹介していく。 サウナの効果
そもそも、サウナはなぜこんなに人気なのだろうか。これはサウナの心身をリフレッシュさせる効果や、身体を健康にする効果があることが大きいだろう。さらに、いわゆる「ととのう」と言われるような深いリラックス状態に身をおくことができるなど、普段の生活では味わえない感覚も楽しむことができるのもサウナの特徴だ。 サウナの具体的な効果としては、以下のようなことが期待できる。

血行の改善

身体が温められることで、血管が拡張し、心拍数が上昇することで血行がよくなる。 これにより、肩こりや腰痛が改善される。デスクワークが多く、血行が悪くなりがちな生活にこそ、サウナの血行改善は効くものだ。

疲労回復

血行が改善することで、酸素が全身に行き渡りやすくなり、老廃物が流されることから、疲労回復にも効果的とされている。

HSPの増加

HSPとはヒートショックプロテインのことで、熱が加わることで細胞が壊れた際に生成されるタンパク質だ。このHSPは細胞の代謝を活性化し、免疫力の向上などに効果がある。

水風呂と合わせて入ると効果が倍増

サウナ単体でも、温熱と発汗により、上記のような効果が期待できるが、サウナと合わせて水風呂に入ることにより、さらに以下のような効果も期待できる。

自律神経の活発化

温かい状態から、冷たい刺激を受けることで自律神経が活発化し、身体の不調が改善する。これにより、睡眠の質の改善や、イライラしにくくなるなど、心身への様々な効果が期待できる。

低血圧の改善

サウナに入っている状態で拡張していた血管が、冷たい刺激によって収縮することで、血圧が上がる。このような血圧の変化によって心臓や血管のポンプ機能が高まり、血圧が正常な状態になることが期待できる。

ホルモン分泌による「ととのった」状態

サウナに入ると、オキシトシンやセロトニンといったホルモンが分泌される。これらは幸せホルモンとも呼ばれるように、うつ状態を改善し、ストレスの緩和や、精神状態の安定させるなどの効果がある。

簡単な工夫でサウナ気分を味わう

様々な効果が期待できるサウナだが、自宅でサウナを楽しみにはどうしたら良いのだろうか。 まずは、設置などの手間がいらず、簡単にサウナ気分の味わう方法を紹介していこう。 もちろん本格的なものに比べると物足りないかもしれないが、温度の高い空間に身を置き、たくさんの汗をかくことはできる。冷水のシャワーを水風呂の代わりに使って、効果を高めよう。

密閉し湿度をあげてミストサウナ

まずは道具を何も使わずにできる方法を紹介しよう。 温泉施設によく導入されているのは、温度が80℃程度に設定されたフィンランド由来のサウナだ。一方でこれは、温度を40〜50℃程度にして、湿度を高めることで、汗を大量にかくミストサウナを模したやり方だ。方法は極めてシンプル。浴室のドアや窓を閉め、換気扇を止めた上でシャワーの温度設定を高くするだけでよい。これにより、暑くて湿度の高いミストサウナの状態を作り出すことができる。 また、浴槽に入る際に、お湯を半分ほどにし、首以外の部分にふたをして入ることで、浴槽内を湿度と温度の状態にすることができる。また、もし持っている場合には加湿器を置くのも効果的だ。注意したいのは、浴室内の湿度が高くなった後にはしっかりと換気をするの忘れないこと。窓を開けたり換気扇で換気をしないと浴室内にカビが生える原因となってしまう。

お風呂deサウナ

上記のミストサウナをより効果的に再現するための、「お風呂deサウナ」という商品が発売されている。傘型の商品で、これを浴槽の上に被せることで、傘の内部の湿度を高くするというアイデア商品だ。使い方は簡単で、傘を浴槽の上に被せてその中に入るのみ。もちろん本物のミストサウナ、とまではいかないものの、上で紹介したやり方よりも、湿度と温度を高めることができる。さらに、湿度が高まるのはあくまでも傘の内部だけで、後片付けも畳んで干すだけでよいという手軽さも特徴だ。

本格的なサウナを導入するには?

より本格的に自宅でサウナを利用したければ、設置型のサウナを検討しよう。 家にサウナを設置するなんて考えたこともなかったかもしれないが、各メーカーから様々なサウナが発売され、中には30万円ほどで設置できるものもある。家にサウナを置くことのハードルはあなたが思っているよりもかなり低いのだ。 今回は、設置しやすいものから本格的なものまで、2つの設置型サウナを紹介していこう。

ナチュラルスパコンパクト

神戸メディケアから発売されているナチュラルスパシリーズの中のコンパクトな1人用サウナ。最大の特徴は工事なしで、コンセントに繋ぐだけで使えると言う手軽さだ。サイズも87cm四方とコンパクトな大きさになっている。通常の高温サウナに比べると55〜60℃と少し低めだが、長時間入ることで体の芯から温まり、発汗量が増えるという。 価格は298,000円と、本格的な設置型サウナとしてはもっとも手軽に導入できるサウナだ。

まとめ

いかがだっただろうか、今回は自宅でサウナを楽しむ方法について紹介してきた。 入浴施設などでサウナを気に入ると、どうしても自宅でもサウナを楽しみたくなるもの。商品を使って気分を味わうもよいし、本当にサウナが好きならば、奮発して設置型のものを検討するのもよいだろう。 自分の味わいたいサウナのクオリティとお財布事情に合わせて、自分にあったものを選んで楽しんで欲しい。