瞑想をする意味とその目的とは?


瞑想とは

みなさんは瞑想と聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか。
以前は一般的にはあまり馴染みのなかった瞑想ですが、現代ではヨガが広まったこともあり、瞑想=ヨガというイメージを持つ方も多くなったのではないかと思います。
瞑想は、古くは今から約5千年前に栄えていたといわれるインダス文明の遺跡に、人が瞑想を行っているような姿が刻まれていることが確認されています。当時の瞑想の目的はわかりませんが、当時の瞑想の様子が刻まれているということは、何らかの高尚な行為とされていたから記録に残したと推測できます。
古くから人々の文化の中に瞑想が取り入れられてきたということは、人が生きていくうえで何かしらの良い点があるからだとも言えるでしょう。最近の研究報告には、「瞑想は科学的に効果がある」との発表もあります。
果たして瞑想とは何なのか、どんな意味を持つのか。
瞑想の「瞑」とは目を閉じること、「想」とは心の中に思い定めること。すなわち瞑想とは目を閉じ心を深く感じ取ること。瞑想とは、目を閉じ心を静めること、祈ること、無心になること。目を閉じることで外界からの情報を遮断し、自分自身と深く対話するための方法だと言えます。
ここではヨガで行われる瞑想についてご紹介していきたいと思います。

マインドフルネスとは

昨今よく耳にする言葉で「マインドフルネス」という言葉があります。「マインドフルネス」とは仏教の瞑想トレーニングの中の「観瞑想(ヴィパッサナー)」にあたります。ヨガだけでなく、企業でも多く取り入れられ始めているのもこの「観瞑想(ヴィパッサナー)」です。
「観瞑想(ヴィパッサナー)」をすることで自己の内面を見つめることができ、今ここにいる自分が何を感じているのか、本当の思いは何なのかに気付くことが出来ます。自己に集中することで、今の自分に必要なことと不要なことの区別が出来るようになり、仕事の面でいうなら仕事の能率アップに、自分自身のことであれば不要な思いを手放すことで心の成長にも繋がると言えるでしょう。
最近では企業だけでなくスポーツ選手もこの方法を取り入れて、試合への集中力アップに役立てたり、良い結果に繋がったりという効果も出ているそうです。
今後もいろんな場面でこの瞑想法が取り入れられていくと考えられています。

瞑想をする6つの意味

1.心と体をつなぐ

「ヨガ」という言葉には「つながる、つながり」という意味があります。
心の乱れをコントロールするために、感情の起伏に流されないために、体と心を整えていくこと。体と心が離れ離れにならないように、体と心をつなぐ役割をヨガが果たしているとも言えます。ヨガをすることで体を動かしながら体の声を聴き、瞑想でより深く自分と繋がる。瞑想はヨガに欠かせない要素の一つです。

2.体の声を聴く

「体の声を聴く」。ヨガを体験されたことがある人でしたら一度くらいは耳にしたことがある言葉ではないかと思います。瞑想中には痛みや痒みなどの皮膚感覚が明確に感じられることがあります。普段は感じていない、気付いていない痛みや痒みが、瞑想をする中でまるでボリュームを上げるかのように大きく感じられるのです。それは日常に気を取られて鈍くなっている自分の感覚を、自分自身が呼び起こしてくれているかのように。
瞑想中は痛みなどにフォーカスしないことが理想と言われています。「痛い、痛い」と思うのではなく、「痛いんだね」と痛みに寄り添い、受け流していくことでより深く瞑想に入ることが出来るといいます。
体感覚が明確になるにつれて体が求めていることがわかるようになっていきます。例えば、「なんとなくこれを食べる」から「今これが食べたい、体が必要と感じているから食べる」へと変化している自分に気付くことができます。

3.生きていることを感じること

目を閉じ外側からの情報を少なくすることで、自分の内側を感じる力を呼び起こします。
瞑想中に自分の心の奥深くへ潜ることができると、何とも言えない幸福感を味わう瞬間があると言います。それは自分が生きていることを実感できた喜びや、今自分が生きていることへの感謝が自然と湧き出てくるのです。現実世界での悩みや苦悩から一時的に解き放たれて、自分自身の存在そのものを見つめることができます。
もし悩んでいるのなら、瞑想によって自分自身を見つめなおすことで現実世界を新たな視点から視ることができ、それによって問題解決の方法が見つかるかもしれません。

4.自己肯定感を高める

自己肯定感とは、良い自分・悪い自分という区別なく、自分自身を肯定的に受け入れられる感情をいいます。瞑想をすることで心身ともに深くリラックスすることができ、自己肯定ができるようになります。自分の中であれはダメだった、これもダメだった、と主観的にジャッジするのではなく、出来事を客観的に見て判断し、自分に出来ることと出来ないことの区別をすることで、他人の評価に振り回されず、自己評価を下げ過ぎず、自分自身の良い点も見つかるようになるでしょう。自分に自信が持てることは生きていくうえでとても大きな役割を果たします。

5.今を感じること

心が感じること、体が感じていることに意識を向けることで見えてくるのは、今ここにいる自分が何をどう感じ思っているかということ。外側へ分散させていた意識を自分へ向けることで、新たな自分を発見できることもあるでしょう。瞑想をすることによって、悩んでいた過去へ思いを引きずるのでもなく、起こるかどうかわからない未来への不安を思うのでもなく、今ここにいる自分へ意識をし直すことができます。

6.客観的な視点をもつ

今ここにいる自分がどう思っているかがわかることで、自分自身を客観的にみることが出来ます。例えば映画を観ているとき、人物に感情移入して泣いたり、笑ったりするでしょう。そのときは「今私は映画を観ている」という客観的視点ではなく、主観的視点で映画を観ているといえます。瞑想状態ではこの主観的視点から離れ、客観的視点から自分自身をみている状態です。客観的にみることで、抱えていた問題点がはっきりしたり、逆に問題など無かったと気がつくこともあるでしょう。悩みや不安の中にいたら気がつけなかったことに気がつきます。

瞑想をすることで得られる5つの効果

1.ストレス軽減

現代に生きる私たちが日々を過ごす中で、時間に追われていたり、やらなければならないことで頭がいっぱいになっていたりします。気が付くと本当にやりたいことが出来ずに、目の前のことで精一杯の自分に出会うことも。そんなときに瞑想を取り入れることで、リラックスできたり、本来の自分に戻れたりすることが出来ます。
脳が疲れ切った状態をリラックス状態へ導くことでストレスを軽減できるといえます。

2.自律神経のバランスを整える

リラックスしているというのは副交感神経優位の状態であるということ。一方交感神経は活動中や緊張状態、ストレスを感じた時に優位になります。二つの神経のバランスが取れている状態が望ましいのですが、現代の生活ではアンバランスになりがちです。瞑想中は呼吸を意識するようになります。普段何気なく無意識にしている呼吸を意識的にすることでリラックス状態に導き、副交感神経の働きを高めることができます。アンバランスな二つの神経のバランスを取り戻すことで、より快適に日々を過ごすことできるでしょう。

3.幸福度が上がる

ストレスを感じているときはコレチゾール(ストレスホルモンとも呼ばれています)という物質が分泌されます。
一方、瞑想中はオキシトシンという物質が分泌されると言われています。オキシトシンとは「幸せホルモン」とも呼ばれていて、人と人との肉体的接触やスキンシップ、動物と触れ合うことなどで分泌されます。このオキシトシンが分泌されると、幸せな気分になれたり不安や恐怖心が減少すると言われていて、瞑想中にも分泌されることがわかっています。瞑想をすることで幸せな気分を感じられるといえます。

集中力が鍛えられる

瞑想をすることが習慣になると、集中力が上がると言われています。まわりのことに気をとられて集中できていない、と気がつくことで元に戻そうとする力が働き、集中したいときに集中することができるようになります。瞑想中に気が散りはじめたら呼吸をしている感覚だけに集中してみる。また気が散ったらまた呼吸に集中する、を繰り返すことで集中力が鍛えられていきます。

あるがままを認める

瞑想によって自分自身の状態を知り受け入れることで、自分自身を否定したり悲観するのではなく、自分のあるがままを受け入れられるようになります。また、必要以上に頑張りすぎていたり、他者へ批判的になっているときにも有効で、自分を客観視することで自分の行き過ぎていた点に気づくことができます。自分自身のあるがままの状態を認めることで、自分への信頼を取り戻すことができます。

まとめ

瞑想を取り入れることで何かが急激に変化するということではなく、自分自身の小さな変化の積み重ねがより良く日々を過ごすことにつながるということがお分かり頂けたかと思います。自分を信じ、自分らしく生きていくために、瞑想という方法はとても効果があるのです。
瞑想を始めたばかりの方で「瞑想をすると眠くなる」という方も多くいると思います。眠くてもいいのです。可能であればそのまま眠ってもいいのです。瞑想中に眠ってはいけないという決まりはありません。眠いのは疲れがたまっていたり、脳が休息を必要としているからなのです。
瞑想は慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、最初は1日5分でもいいので瞑想に取り組んでみることをお勧めします。何も特別な空間や時間を用意しなくてもいいのです。朝目覚めたときの5分だけベッドの上で瞑想してもいいですし、夜眠る前の5分を使ってもいいと思います。空いた時間を見つけて習慣化できるようになることが理想です。
瞑想をすることで、あなたがあなたらしく輝いていけるように応援しています。